カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

カテゴリー

アーカイブ

selected entries

recent comment

リンク

プロフィール

茶杓 込めた想い展 まじかに

2018.10.01 Monday

ロゴ02

今日から神無月 台風一過の好天で新しい月の始まりです。

 

昨日の台風では、余りの強風と豪雨に不安に成りました・・・

 

そんな中、眞泉堂では秋の展示会

 

「茶杓 込めた想い」展の準備を進めておりました。

 

一本一本は、小さなお道具ですが

 

70本余りの茶杓が並ぶと、迫力満点で

 

作り手の想いが、伝わって来ます。

 

その想いに答えるべく、お求め頂いたお茶杓の包み

 

風呂敷が出来上がりました。

 

 

今回も現代物ですが、印度更紗で仕立てました。

 

また今回の展示会に、二人の現代作家さんに

 

茶杓作りに挑んで頂きました。

 

お二人には、形・素材・仕上げなど全てをお任せし

 

唯一の注文は、茶席で使って頂ける茶杓をとお願いしました。

 

お一人は、京塗師 岩渕祐二氏 真塗・溜・根来塗と

 

塗仕事には安定感が有りますが、茶杓は・・・

 

出来上がって参りました、何と素材は木綿糸

 

塗師だけに、塗の仕事も確りとされています

 

岩渕氏曰く、茶箱や茶籠に入れて頂いても

 

是非、本席で取り合わせても頂きたいと。

 

もう お一人は、京楽焼師 檜垣良多氏

 

日頃は、母 檜垣青子氏と桂窯を守り茶碗・花入など作品作りを

 

楽焼師に茶杓をとお願いしてから、少々 無茶なお願いかと・・・

 

しかし、面白い茶杓が届きました

 

祖父より受け継いだ、茶碗や香合作りの細工用の木箆(桜材)で

 

茶杓を作って頂きました。

 

檜垣家二代に渡り使い込まれた木箆に、新しい命が生まれました。

 

この二本の茶杓も、展示販売させて頂きます。

 

新旧 想いの込められた茶杓を是非、ご覧頂きたいと思います。

 

ご来店、お待ち致しております。

 

                     眞泉堂 五十嵐隆行