カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

カテゴリー

アーカイブ

selected entries

recent comment

リンク

プロフィール

無の境地 田山方南先生

2016.06.22 Wednesday

ロゴ02

力強い一行書が、手に入りました。

書かれた方は、田山方南先生

明治36年 三重県阿山郡大山田村に生まれ

昭和4年  26歳 文部省宗教局国宝調査室に就職

昭和22年 44歳 文部技官として国立博物館調査課へ

同年、同館茶室 六窓庵にて茶の湯の稽古を始める 六窓会を作る

昭和34年 56歳 文化財調査官書墨跡主査  松永記念館 評議員に

昭和55年 12月31日 77歳にて逝去

以前、松永記念館 館長時代に松永耳庵と二人

小田原の海で海水浴をする写真を拝見しました。

親子ほど年の離れたお二人が、満面の笑顔で海に浸かる姿は

微笑ましいものでした。



一行書は「無 別 法」(むべっぽう)

意味は、一言で表すと「特別の事は、何も無い」と

田山方南先生も、何も無い 無の境地で書かれたのでしょうか

墨跡の力に、圧倒されます!



共箱には、書かれた年号が記載され 昭和55年 3月と有り

同年12月に亡くなられた方南先生

最晩年の一行書です。