カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

カテゴリー

アーカイブ

selected entries

recent comment

リンク

プロフィール

最強のお守り 到来

2020.04.28 Tuesday

ロゴ02

4月7日からの、店舗休業より三週間

 

皆様のコロナ感染症対策の効果が出て来た様で

 

感染者数が少し減って来たようですが。

 

まだ、安心は出来ません!

 

そんな中、以前より眞泉堂好の 五輪塔チョコレートや辻堂ケーキなど

 

お茶道具に関連する、美味しい作品を作って下さる

 

Yさん、コロナウィルスで世の中が静まり返る中

 

笑顔で免疫力を上げましょう!と、新作のお菓子を送って下さいました。

 

 

今回は焼き菓子、それも今 話題の「アマビエ」と 比叡山の「角大師」

 

アマビエさま 角大師さま どうぞ、コロナウィルスを お鎮め下さい。

 

早速、お供えでは無く・・・器へ

 

 

眼光鋭く、キラリと光る眼差しで冷静に世界を見ている

 

アマビエの姿

 

 

比叡山の角大師こと、良源(平安時代の天台宗 比叡山の僧)

 

京都へ伺うと、玄関に角大師の護符を貼られているお宅を目にします

 

 

黒い姿に、金色に輝く眼が・・・少し怖い姿ですが

 

黒い姿は、ココア味 英国の南鐐プレートのせて

 

 

Yさん最強のお守りを、お送りいただきありがとうございます。

 

 

追伸で 同封のお手製マスク角大師護符付きです!!

 

感謝!感謝!! です。

 

 

 


緊急事態宣言より二週間・・・

2020.04.22 Wednesday

ロゴ02

緊急事態宣言が発表されて、二週間・・・

 

今だ大勢の感染者数がニュースで流れ心が痛みます。

 

眞泉堂も、店舗を休業して二週間

 

お客様のお顔の見えない、辛い毎日ですが

 

今日は、端午の節句に床に掛け 皆様と一服したいと思い用意していた

 

お軸「鍾馗像」勇壮な姿です。

 

 

鍾馗様の目前には鬼が、何処に隠れているかと目線を上げると

 

必死の形相で逃げまどう鬼、風帯にぶら下がり

 

今にも、落ちそうで

 

 

このお軸は、書き表具で本紙や表具も全て作者により書かれています。

 

遊び心満載のお軸、菖蒲の花を竹花入にお茶碗は何に致しましょうか

 

想像が膨らみます。

 

世界で猛威をふるう、コロナウイルスどうぞ鍾馗様

 

退散させて下さいと願い、じっと自宅で STAY HOME です。

 

 


こんな時だからこそ 一服のお茶を

2020.03.31 Tuesday

ロゴ02

連日のコロナウイルス報道

 

気持ちも、落ち込んでしまいますが

 

皆様 如何お過ごしでしょうか?

 

ブログ更新も久しぶりと成り、お客様より安否確認の

 

お電話を頂いたりと・・・ 元気に致しております。

 

本来であれば、春に開催予定の展示会準備に大忙しの所ですが

 

残念ながら展示会を、六月に延期致しました。

 

詳細が決まりましたら、改めてお知らせさせて頂きます。

 

そんな事で、急に空き時間ができ

 

お道具の整理や溜まっていた仕事などを、順次進めながらの日々

 

庭を見ると、世の中の騒ぎには影響されず 木々が蕾をつけ

 

最後の一輪と成った「加茂本阿弥椿」を唐銅 曾呂利花入に入れ

 

 

一服のお茶を楽しんでおります。

 

昨年の暮れから、活躍の加茂本阿弥椿に感謝しながら

 

 

こんな毎日だからこそ、お好きな花入に一輪の花を入れ

 

お好みの茶碗にて、一服は如何でしょうか

 

心が落ち着き、安らいだ気持ちに・・・

 

くれぐれも、体調には十分に気を付けて頂きますよう。

 

 

 


令和二年 年頭に

2020.01.03 Friday

ロゴ02

 

新年あけましておめでとうございます。

 

令和二年 年頭にあたり、ご挨拶を

 

昨年は、御茶道具 眞泉堂 をお引き立ていただき

 

感謝と御礼を申し上げます。

 

本年も、皆様に楽しんでお使い頂ける御茶道具を

 

ご紹介出来る様、努めて参ります。

 

なにとぞ、よろしくお願い致します。

 

一枚目の写真は、今年の年賀状

 

裏千家 十一代 玄々斎宗匠 竹二重切花入 銘「松のこずえ」

 

花は、庭に咲く加茂本阿弥椿と蝋梅

 

皆様に今年も加茂本阿弥椿の様に、大輪の花が咲きますように・・・

 

 

 


年の初めに・・・

2019.01.09 Wednesday

ロゴ02

新しい年が始まり、はや九日

 

街中は、正月気分が薄らぎ平常運転に しかし

 

茶ノ湯では、お家元や社中での初釜で大忙し

 

今週末からの、三日間がピークでしょうか

 

準備万端に整えていても、忘れ物が有り急なお電話にも

 

備えております。

 

眞泉堂の店内も、新春らしく設えました。

 

 

軸は、大徳寺 六代管長 円山伝衣和尚 富士画賛

 

 

花は、鶴首花入に加茂本阿弥椿

 

御茶道具 眞泉堂 本年で開業二十年を迎える事ができました。

 

ひとえに皆様のおかげと、改めて感謝申し上げます。

 

二十周年企画と致しまして

 

4月と12月に、企画展を開催予定です

 

本年も、お客様に楽しんで・歓んでいただける

 

お茶道具を、ご紹介出来る様 努めて参ります

 

何卒、よろしくお願い致します。

 

              御茶道具 眞泉堂 五十嵐隆行

 

              


平成30年の感謝 新しい年へ

2018.12.31 Monday

ロゴ02

平成30年も、残り数時間と成りました。

 

今年一年を振り返りますと

 

4月 山田山庵 楽茶碗と軸 展示

 

5月 懐石の器 はち・さら・向付 展

 

10月 茶杓 込めた想い 展

 

12月 新潟での歳暮釜

 

 

毎回の展示会や催事に、大勢のお客様に御来店いただき

 

あらためて、御礼申し上げます。

 

何時もの事ながら、反省点も多く

 

お客様にお喜びいただき、楽しんでもらえる企画を

 

来年も心掛けて参ります。

 

平成31年 二つの企画展を計画し 現在進行中です。

 

どうぞ、お楽しみに

 

昨日 毎年吉例の餅つきに、お招きいただき

 

出来立ての、黄金餅をたっぷりご馳走に成り

 

自作の鏡餅を作らせて頂き、床の間中心に鏡餅を

 

新年を迎える準備が、整いました。

 

 

来年には、「平成」から新しい元号へと変わります。

 

御茶道具 眞泉堂も節目の年

 

新たな気持ちで、多くの事に挑戦して行きたいと思います。

 

「今年一年 眞泉堂をご愛顧いただき、ありがとう御座いました」

 

 


一年の御礼

2017.12.31 Sunday

ロゴ02

平成二十九年も、間もなく終わりです。

 

皆様にとりまして、如何な一年でしたでしょうか

 

眞泉堂も振り返りますと

 

4月1日〜3日 裂を楽しむ 更紗とバティック展

 

6月8日〜12日 栗山像心 作陶展

 

10月12日〜16日 山田山庵の眼と手 楽 志野 唐津 高麗 展

 

三回の企画展を、開催させて頂きました。

 

 

毎回、多くのお客様に御来店いただき

 

改めて、感謝と御礼を申し上げます。

 

また、展示会以外にも お茶事・お茶会の準備やお手伝いなど

 

お声掛けいただき、御茶道具商として嬉しい一年となりました。

 

来たる 平成三十年

 

皆様にとって、素晴らしい一年と成ります様 また 眞泉堂は

 

お客様に、楽しんで頂ける御茶道具のご紹介や

 

企画展を開催出来る様、努めて参ります。

 

今年一年 眞泉堂をご愛顧いただき

 

「ありがとうございました」 

 

 


年末吉例 餅つき

2017.12.30 Saturday

ロゴ02

今年も、残すところ二日と成りました。

 

本日は、年末吉例 餅つきにお声掛けいただき

 

お伺いいたしました。

 

昨晩より準備した、新潟のもち米を蒸籠で蒸し上げ

 

甘い香りが、立ち始めた所で

 

準備完了

 

 

いよいよ、威勢よく餅つきの始まりです!

 

約15分程で、ツヤツヤのお餅が

 

出来上がり

 

 

早速 ひと口 頬張ると、軟らかい食感と確りした腰そして

 

つきたて餅の香りと甘さが、広がります・・・

 

年に一度の、お楽しみ

 

お正月用、お供え餅とのし餅作りも

 

今年は良き出来と、自画自賛です。

 

 

お正月の準備が、一つ整いました。

 

明日は大晦日 今年一年の締めくくりです。

 

 


光彩の巧み 五島美術館へ

2017.11.22 Wednesday

ロゴ02

先日の休日、是非 伺いたかった世田谷区上野毛の

 

五島美術館へ、行って来ました。

 

展示は「光彩の巧み 瑠璃・玻璃・七宝」

 

以前より、興味が有った七宝ですが

 

まとまった、点数を拝見出来る事が無く 待望の展示会です。

 

展示内容は約100点の作品を、成り立から茶道具そして調度品へと

 

変化する七宝を、解り易く拝見出来ました。

 

美術館玄関には、中国の清時代 龍文七宝大香炉一双がおかれ

 

大きさと、発色の美しさに驚きです!

 

 

お目当の御茶道具は、舟形釣花入から始まり水指・鉢・盆へと続き

 

七宝孔雀形香炉などは、七宝の輝きとまわりの金属の金味に見惚れて・・・

 

和物・高麗物中心の茶席に、七宝一点が入ると華やかな

 

空気が茶席に広がります。

 

            五島美術館

 

      「光彩の巧み 瑠璃・玻璃・七宝」

 

    会期 2017年 12月3日(日)まで

 

是非、ご覧頂きた展覧会です。

 

 


眞泉堂 ラッピング中

2017.02.25 Saturday

ロゴ02

今週より、店の外壁修理が始まりました。

 

現在 眞泉堂は綺麗にラッピング中で

 

外光が遮られ、少々暗い中での生活です。

 

 

工期は三月末まで、不自由も有りますが

 

綺麗に成った、店舗を思い我慢の日々

 

足場・シートに覆われていますが。

 

眞泉堂 営業中です。

 

足元と頭上に注意して頂き

 

ご来店お待ち致しております。

 

 


| 1/9PAGES | >>